テープ起こし初心者に教えたい文字起こしのコツと効率的なやり方

テープ起こしのコツと効率的なやり方 テープ起こしを取り組む場合、なんて言っているのかを聞き分けることが重しは置かず、文字起こしすることに重しを置くことが大切になります。耳が良く、しっかり聞き分けられたとしても、文字起こしのスピードが遅ければ、時給換算したとき、割に合わないことに気がつきます。これでは稼ぎたくても稼げなくなるので、効率的に取り組むことが重要になります。
テープ起こしにおいて効率的な方法とは、タイピングのスピードを上げることです。
タイピングのスピードは、インターネット上のタイピングゲームやタイピング練習ソフトを利用することで、いくらでも速くすることができます。これによって、まずは仕事のスピードと効率化をアップします。
同時にタイピングの正確性も磨くことができるのでオススメになります。これによって、テープ起こしに取り組む際、文字を打つスピードが上がるので、流れ作業で取り組めるようになります。
しっかり聞き取ることができ、聞きつつ速くタイピングできるので、途中で止めることなく作業を進めることができるでしょう。正確であれば、途中でテープを止める必要がなくなるので、より効率的に作業を進めることができます。
タイピングさせしっかりすれば、時給換算したとき、楽に稼げていることに気がつくでしょう。

テープ起こし屋のニュース斜め斬り : テープ起こしは意外と面倒な作業です

テープ起こしは意外と面倒 テープ起こしというのは、人の話した言葉を書き起こす仕事です。
しかし簡単で斜め切りにするとそうなのですが、実はそう簡単にはいかないのです。それはなぜでしょうか。
人の話し方を聞いていると、あーとか、えーとか言う文頭につく言葉がありますね。これは次の言葉を発する前に少し前置きしたり、考えたりするときに言う言葉なのですが、テープ起こしをする際には、この言葉をすべて取り除かなくてはいけません。
これをテープライターの業界ではケバ取りと言います。これをまず取ってみると、随分文章がスッキリするのです。
そしてクライアントによっては、とても難しい注文があることもあります。
一番初歩的なのは、資料を斜め読みして、テープをそのまま起こすということもあるのですが、難しい注文になると、文章の構成まで求められることもあるのです。 テープライターの知識は持っているけれど、校正に関する知識はないので、それは難しいとする人は少なくないのですね。
しかしクライアントによってはその注文が入ってくるので、仕事のために引き受けなければいけません。テープライターは、書き起こすだけなので、簡単だと思っていてはいけません。意外と面倒な作業が多いのです。

おすすめテープ起こし関連リンク

当日納品など、制限時間のある急ぎ書き起こしや反訳作業でも24時間納品可能なサイト

テープ起こし